合宿免許はあなたの集中力を高められる

通常であれば1か月以上、平均すると2~3か月、長い時には6ヵ月かかることもある自動車教習所卒業への道のりですが、この最たる要因は「スケジューリングの方法」にあります。通常、自動車教習所側で設定したカリキュラムのスケジュールに合わせ、自身のスケジュールを調整して授業を予約するという流れで進行していきます。しかし、予約をすれば確実にその講習を受講できると言う訳では無く、定員に達する前に予約をしなければ別のタイミングで開催されるものに改めて予約し直す必要があります。最短約2週間という非常に短い期間で修了できるはずの教習カリキュラムが、数か月もの時間を要する理由はそこです。しかし、これでは効率が悪い部分も多く出てしまうのですが、そのデメリットを解消できるのが「合宿免許」という方法です。

半強制的に集中させられる環境になる

合宿免許では、あらかじめ定められた期間の中で集中的に教習カリキュラムを受講することが出来ます。だいたいは最短日数(ATは14日、MTは16日)に設定されますが、この約2週間の間は毎日出来る限りの時間数で講習を受けることが出来ます。期間中に必要なカリキュラムを修了できなかった場合、数日の保証期間が設けられていることもありますが「追加料金が発生」することも少なくありません。また、事前にこの間のスケジュールを調整して参加することにもなる為、半ば強制的に運転免許取得に向けた取り組みをさせられる環境を作ることが出来ます。これにより、通常であれば色々と考えなければいけないスケジュールを気にする必要がなくなり、合宿免許の効率を最大限発揮することが出来る様になります。

短期集中型がもたらすメリットとは

このように「短期集中型のトレーニング環境」がもたらす効果として、技術・知識の効率的な上達があります。何度も書きますが、自身でスケジューリングする状況では「場合によっては間に数週間空いてしまうこともある」という可能性があり、次回の講習の段階で前回覚えた知識・技術・感覚などを失ってしまっていることもあります。そうすると効率は悪くなるのは明白ですが、合宿免許はこの心配がいりません。連日、最大限までの講習を消化することが出来るので、技術も知識も身につく効率が格段に良くなります。これは単に卒業試験で失敗しない確率が上がるというだけの話ではなく、より高いレベルでこれらを習得することが出来ることによって「卒業後、実際の走行で起こり得るリスクを少なくできる」というメリットがあります。